<   2010年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

今日はいつになく冷え込んだ一日でした。
まだまだ秋を楽しみたいのですが、冬は間近に迫っているようです。

お休みだったので朝から冬に向けての寄せ植えを作ってみました。

昨年の寄せ植えに新しい材料を加えて。
d0169618_18344879.jpg


昨年からの持ち越し植物は‥
ヒューケラ二種、アサギリソウ、ダイコンドラ、斑入りアジュガ、アイビー、など。

新しく加えた植物は‥
カルーナ、ガーデンシクラメン、クローバー・ティントワインの三種。

まず植えていたものを全部取り除いて鉢を空ける。
鉢底ネットを敷きぼら石を入れる。
土をブレンドして緩効性肥料を加え鉢に入れる。
中心になるカルーナから順に土を入れながら植えつけていく。
飾りの軽石を乗せる。
土が流れ出無いように水苔を土の周囲に乗せて行く。
少しだけあったバークチップをちょっと飾りに…わずかしかありませんでした(笑)
最後に水をやって完成♪

我流なのでいい加減です。
ひと月もすれば馴染んで形になると思うのですが…
[PR]
by anaberu56 | 2010-11-26 19:28 | 寄せ植え
昨日は十一月も後半にしては随分暖かな一日でした。

今日明日も穏やかな良いお天気のようですので時間が有れば
庭の手入れをしようと思っています。

今、庭のいたる所にスズメやメジロなどの小鳥がやってきています。
小鳥のさえずりで目を覚ます…というのはオーバーですが(笑)
それほどに来ます。

以前書きましたが山茶花の木に大きなスズメバチが来るのですが
小鳥も一緒にやってくるので大丈夫かなと見ていました。
不思議、一緒にそれぞれの目的を果たしています。
(スズメやメジロも蜜を吸うのですね)

心配することは無かったみたいです。





最近可愛い多肉植物を見つけたので手持ちの小さな鉢に植えてみました。

コモチレンゲ。
d0169618_71337100.jpg

薔薇みたいな形です。
本来はもっと伸び伸びと葉を広げているのですが寒くなると
このように丸まって薔薇のような形になるようです。

多肉植物に興味はあったのですが手を伸ばすのは控えていたのです。
きりがないので…
でもこれはとっても可愛かったので、つい手が伸びてしまいました(笑)

初心者なので大丈夫かなとちょっぴり不安です。





春に植えたニューサイラン・ブラックアダーが大きくなりました。
d0169618_6352620.jpg

もっと大きくなあれ…と思っています。
[PR]
by anaberu56 | 2010-11-20 06:34 | 多肉植物
このところ朝夕は冷え込んできましたね。

庭の『つるブルームーン』に蕾が数個付いているのを見つけました。

一季咲きなので、秋には花が付かないと思っていましたが
木が充実してきたのでしょうか、この秋初めて蕾が付きました。

ところが、蕾が付いて一週間以上経過したのに一向に開きそうにありません。

d0169618_1954579.jpg


この蕾は3メートルほどのシュートの先に付いたものです。
(見上げて写真を撮るのでどうしても電線が写ってしまって…)

気温があまり上がらないので多分開ききれないのではないかと思っています。

残念ですね~。
秋の(開いた)花を見てみたかったのですが…




シュネプリンセス。
d0169618_20101242.jpg


白い薔薇なのですが寒くなってくるとピンクが入ります。
寒さで花びらが痛んでいますがそれもまた味わいがありますね。

ミニ薔薇なのですが、寒くなってもまだまだ咲いてくれる元気ものです。
[PR]
by anaberu56 | 2010-11-17 20:23 | 薔薇
昨日は黄砂の飛来で珍しい秋霞みになってしまいました。
今日もその影響もあってかどんよりとした空模様でした。


深まり行く秋に庭の樹々や植物達にも少しずつ色の変化が見られます。

d0169618_1511883.jpg


ヤマボウシ。
d0169618_1512431.jpg


西洋トキワマンサクにネムノキ。
d0169618_15125952.jpg


コバノズイナ。
d0169618_15142743.jpg


矮性南天。
d0169618_15162462.jpg



秋ですね~。
短い秋を楽しみましょう!




我が家の愛猫ミー介。眉の上に噛まれた痕が…
d0169618_2092971.jpg


ミー介ですが十日ほど前から左の頬が腫れ食欲もなく二階でじっとしていました。
喧嘩して怪我をしたのでしょうか。
それとも他に原因があるのか…

雄猫で去勢もしているのですが、まだ闘争本能が残っているようで
ときどき喧嘩してくることはあるのです。

病院に行きたくても嫌がって凶暴になるのでお医者さんが嫌がって
診てくれません。
困ったなあ、腫れがひどくなってきて目も変形しているのにどうしたら
いいものか…

こんなときは近所の猫に詳しいちょっと目上の友人(私は猫博士と呼んで
います)に頼るしかない…と症状などを伝え処置を尋ねました。
この友人は猫好きで何匹も飼っていてとても猫に詳しいのです。
『喧嘩してやられたみたいね。しばらくしたら毛穴から膿が出てくるから
抗生剤飲ませなさい』
と余分に貰っていたというお薬を三日分くれました。

次の日、言われたとおりに頬と眉の上からかなりの膿が出てきました。
(眉の上と頬をガブッと噛まれたのでしょうね)
二日ほどで膿が全部出てしまったのか腫れもひき食欲も出てきました。
やれやれ…ほっと胸を撫で下ろしているところです。
余談ですが、この友人は野良猫でも自費で去勢などの手術をしてあげたりと
とても猫に慈悲深い人なんです。

ミー介、可愛いけれど困り者です(笑)
[PR]
by anaberu56 | 2010-11-13 20:20 | 庭の情景
今日はかなり冷え込んでこの秋一番の寒い日になりました。
朝の出勤時には風が強く吹き付けていて思わず身震いしたほどです。

今月は個人的に慶弔事が多く少し忙しい月でもあります。
慶事は次男の誕生日に主人と私の結婚記念日。
弔事(仏事)は母と兄の命日があります。。

昨日が兄の14回目、今日は母の37回目の命日です。

母が亡くなってもう36年も経ってしまったのだと改めて時の流れの
速さを実感するばかりです。

36年前のその日の朝、家を出て行く際に今まで経験したことの無いほどの
胸騒ぎがしたのを今でも鮮明に覚えています。
何をどうしようもなくそのまま家を出ましたが生きている母を見たのは
その朝が最後になりました。

それから数年後に父も他界し早くに両親を亡くしてしまいました…

苦労ばかりでこの世を去った母ですが今は安らかにいるのでしょうか…
母の何分の一も苦労していないはずなのに忍耐の足りない自身が
情けなくも恥ずかしくもあり…今日に至ります。

とても忍耐強かった母はこんな私をどう思っているのやら。
母のことだから笑って見守ってくれているのでしょうか…


ER フェア・ビアンカ。
d0169618_22223837.jpg

[PR]
今日はいろんなお花の蕾を写真に撮ってみました。
それぞれの蕾の表情はさまざま…
どの蕾が一番でしょう?




オールドローズ・ジャックカルティエ。
まん丸のふっくらです。
d0169618_18322837.jpg


オールドローズ・イレーヌワッツ。
蕾も優しい感じですね。
d0169618_18324617.jpg


ハイブリッドムスク・コーネリア。
開くとアプリコットピンクなのに蕾のときは赤なんです。
d0169618_183371.jpg


クレマチス・ユビリェーニ70。
花びらの内側が見えていますがこれは何故かちょっと薄い色ですね。
d0169618_1933176.jpg


ツワブキ・雷鳥。
葉色のきれいなツワブキです。大きくしたくないので鉢植えにしています。
d0169618_18333448.jpg


ツワブキ・天の川?
株分けして頂いたもので名前は不明ですが天の川ではないかな…と思っています。
バッタに食べられ葉の形がいびつですね。
d0169618_18335082.jpg




お花に順位は付けられないですね。
どの蕾も精一杯開く準備をしていてどれもが一番ではないでしょうか…
[PR]
by anaberu56 | 2010-11-05 21:30 | 薔薇