<   2010年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

残暑厳しきゆえ、庭の植物もバテぎみで本来の姿は影を潜めてしまって
可哀相なほどです。
もう少し手を入れれば良いのですが、水遣りするのが精一杯です。

夏が過ぎれば植物も私も元気になるのでしょうか?

三ヶ月予報では9月、10月も気温が高いとか。
がっかりです。
早く涼しい秋が来てくれないかなぁ~


そんな中、咲いてくれた夏花火。別名を草花火とも言います。

スベリヒユ科、タリヌム属。
学名はタリヌム・カリキニム。

夏花火(草花火)は流通名のようです。
d0169618_217438.jpg



午後に花開いて夜には散る一日花です。

細く長い花茎の先に鮮やかな花が咲きます。

そんな短い命のためか線香花火のような姿のためなのか分かりませんが
夏花火(草花火)の名はなるほどと思います。
d0169618_2120620.jpg



葉は多肉植物のような感じです。
実際他のタリヌム属の品種は多肉植物扱いをされているようです。


d0169618_2124792.jpg



今日も暑い一日でしたが、花火のように咲いてくれた夏花火に感謝!
[PR]
昨日は、自宅から車で一時間ほどの処にある酢蔵に行ってきました。
350年の歴史を持つ老舗酢蔵(株)庄分酢。
現在の社長さんは14代目だそうです。
昨年新しくできた蔵のほうに行きました。

敷地内の紅葉。
d0169618_972231.jpg



蔵の外観です。黒塗りの今風の蔵。
d0169618_94685.jpg



お酢を仕込んでいる樽(木桶)。写しかたが悪く暗くて分かりにくいですね。(汗)
温度調節のため、風通しのよいむしろが掛けてあります。
今の時期は1枚ほどですが冬には4~5枚掛けるそうです。
d0169618_94461.jpg



ハシゴに上って樽の中を覗いたら、熱気がムーンとします。
樽の中の温度は37℃くらいあるそうです。
表面に酢酸菌の膜が張ります。
見せていただいたものはまだ完全に膜が張っていなくて、こんな状態です。
d0169618_95037.jpg



昨日は新しく巨峰のお酢を造るとのことで、蔵の前では職人さんが冷凍していた
巨峰で仕込みの準備をしていました。
一粒頂いて食べてみたらとても甘くて、お酢が出来るのが楽しみになりました。
d0169618_952269.jpg



敷地内にあるビネガー・レストラン。
ゆったりしたスペースで、オーガニック野菜やここで造られた色んな種類の
お酢を使った料理が食べられます。
d0169618_931617.jpg



食事までの待ち時間に飲むお酢を試飲しました。
私が飲んだのは、あまおう(苺)と柚子のお酢。
どちらも飲みやすく美味しかったですよ。

ランチはコース料理を頂きましたが、どれも美味しくて、ビネガー(酢)料理
なので後口もくどくなく美味しかったです。

残暑厳しい一日でしたが、巨峰狩りをしたり、滝を見に行ったり、
ランチを頂いたりして楽しい休日になりました♪
[PR]
ゴーヤ(ニガウリ)。
d0169618_21173059.jpg




窓ガラス越しに写したゴーヤです。

リビングの窓が西側にあるので日よけを兼ねて植えました。
プランターに植えたのと、傍にあるエゴの木の陰になったためか茂りが悪く
目的もいまひとつ果せていません。

奥に見えるのは地植えのゴーヤ。こちらは良く茂って結構な収穫です。
といっても、今日までに採れたのは13個ほど。
小さな実が沢山付いているので。まだまだ胃袋を満たしてくれそうです♪

あまり苦くない品種のようで食べやすいんですよ。

赤く見えているのはパプリカ♪
これは、収穫までの期間が長く(赤くなるまで時間がかかる)、できが悪いんです。
[PR]
by anaberu56 | 2010-08-19 21:55 | 家庭菜園
風知草(フウチソウ)
d0169618_443769.jpg





“風を知る草”
風に吹かれて葉をなびかせるさまは、その名のように風情ある姿で
心惹かれます。

別名、裏葉草(ウラハグサ)

植物はふつう葉の表に光沢があり表側の方が美しいのですが、
風知草は葉の裏側に光沢があります(裏のほうが綺麗)。
その裏側が穂に沿って巻きつくように反転し、あたかも表側のように見える。

そこから“裏葉”草の名がついたそうです。



春に我が家に来て、まだ小さいのですが穂が出てきています。
これから数年かけて大きくなり、楽しませてくれそうです。
[PR]
by anaberu56 | 2010-08-18 05:34 | 山野草
ひと月ほど前に自宅の庭にあるもので和物の寄せ植えをしていたのですが、
ホタルブクロが根付いたようで遅まきながら花を付けました。

ミニなので小さくて可愛いです♪
左端です。
d0169618_11211374.jpg




近所の方から分けて頂いたものですが、そちらのホタルブクロはダメになって
しまったとか。
増やして里帰りできればいいなと思っています。
d0169618_11214789.jpg




外出ばかりで、ほとんど家に居ない愛猫のミー介ですが、台風の影響か
家でくつろいでいます。
d0169618_11381486.jpg



猫は好きではなかったのですが、たまたま育てることになってしまい
今では情がわいて、すっかり家族の一員となりました。

友人のご近所に短いロープで外につながれたままの室内犬がいるそうです。
屋根も無くロープも短いので雨が降ればびしょぬれに、
日中の暑い日差しは直に受け、避けることもできないそうです。
食事も水さえもロクに貰えず、たまには人参を食事代わりに与えられていたことも
あったとか。当然、これ以上はないくらいにガリガリに痩せていたそうです。
梅雨の末期に集中豪雨がありましたが、何日も激しい雨風に打たれたままで
梅雨明け後には強い日差しをもろに受け、それでも辛うじて生きていたのですが、二日前の激しい雨に打たれ、そのまま天に召されたそうです。
梅雨の時期に初めて話を聞いて、胸を痛めていたのですが、何もできないまま
結局こんなことになり残念です。
[PR]
by anaberu56 | 2010-08-11 11:20 | 山野草
毎日、暑くて暑くて…例年にも増して猛暑の日々が続いています。

折角の休日なのに、日中庭に出ることもままならず、朝夕の限られた時間だけ
形だけのお手入れをしている状況です。

お花もへたばっているかと思いきや、やはりこの季節の花、蓮は元気いっぱい!
またまた登場、四番目の花です。
d0169618_1057029.jpg





今年の二番花、クレマチス・ニオベ。
春の一番花に比べ小ぶりな花もまた好きです。
d0169618_1059320.jpg





クレマチス・ビオラ。
春は薔薇のアーチに絡めていましたが、今回は枝垂れさせてみました。
d0169618_1112639.jpg





植物を枝垂れさせるしつらえ方、けっこう好きで色んな物を枝垂れさせています。

主人の実家からのおすそ分け、クラマゴケ・レインボーファン。
d0169618_1138734.jpg





ヘンリーヅタ。秋の紅葉も綺麗です。
d0169618_11231028.jpg




もっともっと色んな植物を枝垂れさせたいと思っています♪
[PR]
庭のギボウシの間から植えた覚えは無いのに、いつのまにやらツユクサが。
どこからか種が飛んできたのか、斑入りの美しい葉が嬉しくて♪
d0169618_1118257.jpg






待ちわびたリグラリの花がやっと咲き始めました。
d0169618_11162182.jpg






こちらは庭植えのリグラリア。
蝶が暫しご休憩。
d0169618_1117616.jpg

[PR]
by anaberu56 | 2010-08-04 11:13 | 庭の生物

なかなかメダカの赤ちゃんが生まれなくて心配していましたが、
この一週間の間に少しずつ生まれてきています。

毎朝、成魚を観察して卵を持っていたら別のお家に移します。
お母さんメダカが水草に卵を擦り付けたら元のお家に戻します。
何故かというと生まれた稚魚を餌と思って食べてしまうから。

そうして生まれた赤ちゃんだけにして育てていきます。



生まれたばかりの赤ちゃんメダカです。
透きとおっています。
d0169618_18431.jpg


少し早く生まれた子。
d0169618_1853591.jpg



d0169618_1844228.jpg


親メダカ達のお家。
他に五つのお家があります。
d0169618_1863061.jpg


親メダカのアップ。
d0169618_1871867.jpg




スイレンを育てるのにボウフラ退治のためメダカを育て始めたのですが、
これがなかなかに可愛くて見ているだけで知らず知らず癒されているようです♪
[PR]
by anaberu56 | 2010-08-01 18:03 | メダカ